体脂肪が少ないと胸が小さくなる?体脂肪率と女性ホルモンの関係




アシスタント うさこ
「さて博士。本日は、体脂肪が少ないと胸が小さくなるか?について、解説お願いします」
うさこ3

バストアップ博士
「うむ。体脂肪が少ないと胸が小さくなります。それ正解」
博士

アシスタント うさこ
「そ、そうなんすか? 汗」



バストアップ博士
「脂肪というのは、女性ホルモンの生成に使われるので、体脂肪が少なすぎると、女性ホルモンも減少し、胸が小さくなるというわけだ」


アシスタント うさこ
「な、なるほど 汗」



バストアップ博士
「現代女性は、体脂肪が少ない方がカッコイイと思っている人が多いが、デメリットもあるというわけです」


アシスタント うさこ
「ふむふむ」



バストアップ博士
「だから、バストアップしたいなら、標準的な体脂肪率をキープすることが重要です」


アシスタント うさこ
「はい」



バストアップ博士
「スラっとしたスタイルはカッコイイが、女性的な魅力を考えると、ふくよかな方がよい」


アシスタント うさこ
「ですね」



バストアップ博士
「特に、男性はスーパーモデル的なスタイルの女性よりも、ふんわりしたスタイルの女性を好むからな」


アシスタント うさこ
「博士も?」



バストアップ博士
「・・・・ 照」


アシスタント うさこ
「なんで照れてるんですか 汗」



バストアップ博士
「と、とにかく!汗 バストアップするには、栄養をしっかりとるべし!」


アシスタント うさこ
「はい」



バストアップ博士
「ダイエットとバストアップは両立できません」


アシスタント うさこ
「ですね」



バストアップ博士
「ガリガリの女性より、バランスの良いスタイルの女性の方が、健康的で魅力的なので、過度なダイエットはやめましょう」


アシスタント うさこ
「なるほど、わかりましたー。本日はここまででーす。博士ありがとうございました♪」




▼体脂肪率が低すぎると、バストアップできません。

何故かというと、まずバストというのは90パーセントが脂肪でできているため、体内の脂肪分が少ないと、バストに回すための脂肪分が不足するからです。


それからもうひとつ、体内の脂肪分は、女性ホルモンの「エストロゲン」を作り出すために必要な組織なのです。


バストアップさせるためには、エストロゲンを増加させる必要があります。そしてこのエストロゲンは、脂肪細胞がなければ生成することができないわけです。



▼つまり、体脂肪率が低すぎる女性というのは、物理的に脂肪細胞が足りない上に、女性ホルモンの分泌量も減少するため、どんどん胸が小さくなってしまうというわけです。


男性ホルモンは筋肉を作る。
女性ホルモンは脂肪をつくる。


これは人間の生物としての決められた働きです。

ですから、女性が女性らしいバストを身につけるためには、ある程度、体脂肪率を高く維持することが必要になるわけです。



▼時代が進むほどに、女性の「スリム願望」は盛んになっていきます。今や、道を歩く女性はスラッとしていて、雑誌のモデルさんもガリガリです。


美しいスタイルは女性の理想ですが、ガリガリのスタイルは、バストを犠牲にしてしまいます。

また、脂肪分がないと女性ホルモンが生成できないので、バストダウンだけでなく、肌荒れの原因にもなるわけです。



▼ということで、バストアップしたいならば、ある程度の体脂肪率が必要になります。ぶくぶく太るという意味ではなく、ふっくらと女性らしい体つきを目指すということです。


体脂肪率が低い女性よりも、体脂肪率が高い女性の方が、圧倒的にバストアップしやすいわけです。

例えば、同じバストアップサプリを使ったとしても、体脂肪率が低い女性よりも、体脂肪率が高い女性の方が遥かにバストアップ効果が高く出ているわけです。



▼私が、当ブログでいつも「バストアップには、睡眠、栄養、サプリ」と言っているのは、睡眠と栄養が、バストアップサプリの効果の出方を変えるからです。


要するに、睡眠時間をしっかりとれている人で、栄養も体脂肪率もキープできてる人が、バストアップサプリメントを使えば、バストアップ効果はかなり高くなるということです。


逆に言えば、寝不足で、ガリガリの女性が、バストアップサプリだけを頼っても、なかなかバストアップ効果が出にくいということになってしまうわけですね。

バストアップ効果の高いオススメサプリランキング

▼バストアップ博士が推奨するバストアップサプリメントは、こちら。


コメントを残す

サブコンテンツ
QLOOKアクセス解析