良質な脂肪分を摂取することがバストアップの基本。ダイエットは後で。

バストアップしたいならダイエットしちゃだめ。と何度もこのブログでは書いてきましたが、ダイエットすると必然的に摂取する脂肪の量が減ってしまうからなんですね。


よくお豆腐とか豆乳は、植物性エストロゲンが豊富だから油も少ないし、ダイエットしながらバストアップできると思ってしまって豆乳ばっかり飲んでいる人がいますが、これをやるとまずバストアップは失敗します。


バストアップに必要なのは女性ホルモンと栄養です。もっと言えば睡眠と栄養と言っても過言ではありません。

バスとは90%が脂肪でできているので豆乳だけだとどうしても脂肪が足りなくなってしまい、胸を大きくすることができなくなってしまうわけです。
なのでバストアップしたいなら、ダイエットはひとまず置いておく。バストアップが成功してからそのバストをキープしつつダイエットするというのが効果的な順番になります。


急激なダイエットをすれば確実に胸が小さくなってしまいます。脂肪が燃焼するから当然なんですね。


ということでバストアップのためには脂肪分が豊富な食材をある程度食べる必要があります。
脂肪分といっても、できればハンバーガーとかスナック菓子のようなものは避けたいところです。ジャンクフードやポテトチップスでも全く脂肪分を摂取しないよりはマシですが、できればもっとヘルシーな油をとることが望ましいということですね。

例えば鶏肉とか、ナッツ。このあたりは非常に健康にも良いので食べ過ぎなければ定期的に摂取していくべきでしょう。

その上で豆乳やお豆腐もサイドメニューとして食べていけば、バストアップのための食事面は問題ないかなという感じです。

バストアップ効果の高いオススメサプリランキング

▼バストアップ博士が推奨するバストアップサプリメントは、こちら。


コメントを残す

サブコンテンツ
QLOOKアクセス解析