うつ病がバストアップと関連?鬱だと胸は大きくなるか小さくなるか?

鬱状態だと、胸は大きくなる?小さくなる?


うつ病というと、もはや深い心の闇でどうしようもない状態、というイメージがありますが、うつ病というのは、副交感神経がマックスの状態です。つまり、リラックス状態になりすぎていると鬱っぽくなるわけです。


逆にイライラカリカリしていると、鬱っぽくなりません。これは交感神経優位の状態ですね。


ということを踏まえると、鬱っぽい状態というのは、心にとっては非常に悪い状態ですが、意外と肌や身体的な健康面にとってはそれほど悪くないと言うことになります。

うつ病は、全てにおいて悪いというイメージがありますが、鬱っぽい状態はむしろ、肌がきれいになったり健康的には体は元気だったりします。

うつ病が怖いのは、せっかく体は元気に修復されているのに、心がパワーをなくしてしまっているので自分自身で自分を傷つけてしまうという状態になることが怖いわけです。


それと、うつ病の状態は、心が非常に繊細な状態です。ですからちょっとしたストレスで大きく心が傷ついてしまうわけですね。普通の人ならダメージを受けないような出来事でも、鬱っぽい状態の人は心が繊細でダメージをうけやすくなってしまっているため、ちょっとした出来事で人よりも大きなストレスを受けてしまいます。


ストレスは本来、交感神経優位になるものですが、うつ病の状態は、副交感神経に完全に寄ってしまっている状態のため、心のバランスがめちゃくちゃになってしまいます。そして自分を見失ってしまうわけですね。


ですから、バストアップという観点から見れば、鬱っぽい状態や、だるい状態というのは別に悪くないわけです。むしろいつもイライラしている状態よりも、だるい位の方がバストアップにはプラスに働きます。


ただあまりにも鬱状態が進行してしまうとやはり怖いので、やる気がわかないとかだるすぎるという時には、少しだけ睡眠時間を短くしてみたり、買い物を多くしてみたり、豪華なご飯を食べてみたり、といった些細な出来事で鬱っぽさが少し軽減しますので、自律神経を自分自身で調整してみることが重要ですね。

バストアップ効果の高いオススメサプリランキング

▼バストアップ博士が推奨するバストアップサプリメントは、こちら。


コメントを残す

サブコンテンツ
QLOOKアクセス解析