ラクトゲン受容体とバストアップの関係~胸が大きくなるのは成長ホルモン。睡眠食事

ラクトゲン受容体とバストアップの関係


▼ラクトゲン受容体という言葉を聞いたことがありますか?ラクトゲン受容体というのは、女性の乳腺の中にある組織で、このラクトゲン受容体がしっかりと発達している女性は、胸も大きくなると言うわけです。


一般的に、ラクトゲン受容体は、思春期に発達するものですが、個人差があり30代からラクトゲン受容体が発達して胸が大きくなる女性もいます。



▼特に、自分の体質にあったバストアップサプリを使うことによって、成長ホルモンの分泌量が増加して、ラクトゲン受容体が発達するというケースが多いようです。

成長ホルモン



このラクトゲン受容体は、成長ホルモンをたくさん分泌させることによって発達させることができます。思春期には成長ホルモンが大量に分泌されるため、ラクトゲン受容体も発達しやすく、胸も大きくなりやすいわけですね。



▼では成長ホルモンを分泌させるにはどうすればよいのか?

これは特別なことはなくて、シンプルに、睡眠時間を確保することと、栄養をしっかりとることと、自分にあったバストアップサプリを使うこと、ほとんどこの3つでokです。


バストアップの文献などを見ていると、成長ホルモンの分泌を促すために筋力トレーニングをするとよいという記述がありますが、確かに筋トレをして筋肉を鍛えると、成長ホルモンが分泌されやすいわけですが、筋トレのデメリットとして、筋肉を鍛えると男性ホルモンが増加してしまうんですね。



▼なので私は、バストアップを目指す女性には、筋トレはお勧めしていません。なるべく男性ホルモンを増やさないようにしつつ、女性ホルモンを増やすことがバストアップへの近道だからです。


なので、ラクトゲン受容体を発達させる際にも、筋トレはあまりやらずに、睡眠時間を長くして、食事の栄養バランスを考えるようにします。

それに加えて、効果の高いバストアップサプリを使うことによって、成長ホルモンが分泌され、ラクトゲン受容体が発達しやすくなります。



▼ちなみに、成長ホルモンを分泌させるために、夜の10時から夜中の2時までの間に寝なければならない、と書かれている本もありますが、これはあまり気にしなくても大丈夫です。


私は昼と夜が逆転することも多いのですが、それによってバストアップの弊害になったという感覚はありません。

だいたい、夜の10時に寝るなんて早すぎませんか?これは現代女性には、ほとんど無理だと思うので、何時に寝ても大丈夫です。

そのかわり、睡眠時間は長めにするようにしてください。何時に寝てもいいけど、長く眠るようにすること。これがバストアップのポイントです。

バストアップ効果の高いオススメサプリランキング

▼バストアップ博士が推奨するバストアップサプリメントは、こちら。


コメントを残す

サブコンテンツ
QLOOKアクセス解析