垂れパイを戻す方法~垂れ乳・垂れたバストの改善方法。胸が垂れる原因と予防。年齢

垂れパイを戻す方法~垂れ乳・垂れたバストの改善方法


▼垂れパイ、垂れ乳、垂れ胸・・・。

どんな呼び方であれ、全部、嫌ですよね。女性は若いうちは、胸が垂れるという心配がほとんどないわけですが、徐々に歳を重ねるにつれ、胸が垂れてくるという悩みが生まれてきます。

猫背



▼また、若い女性で、10代であっても、自己流のダイエットをしてしまったり、ノーブラで走ったりすると、胸が垂れてくるケースがあります。


このように、昔よりも胸が垂れてきたなぁと感じたら、今までの生活習慣を少しずつでも変えていかないと、さらに胸は垂れていってしまいます。



▼まず、胸が垂れやすい一番の原因は、「大胸筋の衰え」です。

つまり胸を支える筋肉、大胸筋が衰えてしまうと、土台がなくなるので上に乗っかっている胸も垂れてきてしまうというわけです。


これは、若い人には少ないのですが、加齢とともに大胸筋は衰えていきますので、このような場合は、大胸筋を鍛えることでバストの下垂を防ぐことができます。



▼スポーツジムなどに行っている方は、大胸筋を鍛えるマシンがありますので、ジムを活用すると良いでしょう。

とはいっても、スポーツジムに行っていない人の方が多いと思いますので、通常は、腕立て伏せなどで大胸筋を鍛えます。


ただ、女性の場合は男性よりも筋力が少ないので、腕立て伏せが1回もできないという人も珍しくありません。

その場合は、膝をついたままの腕立て伏せでもオッケーです。



▼スポーツ選手のトレーニングとは違うので、大胸筋に負荷をかけることができれば、膝をついていても、どのようなやり方でも効果があります。


後は、上述したように、走ったりウォーキングしたりするときに、必ず「スポーツブラ」を使うようにしてください。普通のブラジャーや体にフィットしていないブラジャーで走ったりすると、バストが重力で引っ張られてしまい、クーパー靭帯という、バストを支えている靱帯が損傷してしまうわけです。



クーパー靭帯はバストを上から引っ張ってくれている靱帯ですので、これが損傷してしまうことによって胸が垂れてしまうというわけですね。ですから運動するときには、必ずスポーツブラを使うことで、バストの垂れを防ぐことができます。



▼それから、急激なダイエットというのも、垂れ乳の原因になります。

急激にダイエットをすると、体全体の脂肪分が燃焼し、体脂肪率が減少しますが、「皮膚」だけは急には縮まらないので、皮膚が伸びた状態になります。


バストの脂肪だけが燃焼して、皮が伸びていたら、当然にバストは垂れてしまいますよね。ですから急激なダイエットは垂れ乳の原因になってしまうわけです。



▼胸が垂れてしまうというのは、歳をとるほどに老化現象として仕方がない部分がありますが、正しい知識を身に付けておくことで、胸が垂れるリスクを、かなり低減することが可能です。


その上で、バストアップサプリなどで女性ホルモンを増やして、バストアップできれば、美しくて大きい胸を手に入れることができるというわけです。

バストアップ効果の高いオススメサプリランキング

▼バストアップ博士が推奨するバストアップサプリメントは、こちら。


コメントを残す

サブコンテンツ
QLOOKアクセス解析